teracoとわたし すえかわまきこ

らくだサービス担当/DIVA/designer・ヘナセラピスト すえかわまきこ

mk

いつものように時間に追われた慌ただしい平日、お土産を買うことすら忘れ、時間だけは遅れまいと必死に清荒神の駅に到着した私。お迎えに来てくれていたまみっちと共に小さなトンネルを潜り、可愛らしい扉を開けた時、髪を振り乱した私とは正反対の空間がそこにありました。

窓から入る穏やかな光と、コーヒー豆を挽く音が私を待っていてくれました。その出会いの年の1年間、私はteracoという空間でヘナのワークショップをさせていただくことになりました。

teracoでのワークショップは、毎回新しい出逢いによって巻き起こる予想もしない展開になりました。そこに集まった人の人生がふとした時にふわっと入り込み、その中に自分が溶け込んでいくことによって、予想もしなかったストーリーに。

そんな、自分の力を超えたところにあるものが見たくて、teracoに通うのかもしれません。