未分類」カテゴリーアーカイブ

2017年 新年の感

2017年がはじまっています。
あけましておめでとうございます。今年こそはwどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始はいやおうなくいろんな想いがおしよせるときではないでしょうか。

ゆっくり自身を見直す時期と思います。

 

今年teracoはお正月はオープンしておりませんでしたが、実家和歌山に出向き、お墓参りや氏神さまミッションを完了したりと、すでにはじまろうとしている怒涛の日々への足固めをしたと思います。
ただいま部長の頭の中は大忙しです。
大忙しでありながら、非常にクールダウンしたところもあり、なにが自分にとってまっすぐであるか、純度が高いのかということも常に考えています。

 

らくだ部員にも少し入れ替わりがありまして

1月からは腰を据えた活動に変わっていけそうです。

この活動は今のところ、地球上にひとつ、生まれたてかもしれないわけですが(おおげさ)

やっているわたしに迷いや疑問があってははじまりません。

 

そういう点では、かなりの腹のくくりっぷりであります。

 

 

 

先日なにかを読んでいてピンときた言葉があります。

「おまえのためだったらなんだってやるぜ」

これはともすると、こどもっぽい言葉ともとれますが

ここまで思い合いながらお互いのことを尊重しあう関係性がこれからは必要になってくると思います。

 

年明けはじめのオープンは1月6日10時〜です。
おんく堂ペット健康相談会開催しております。
http://www.onkudo.com

TomaTo.のパン販売はありませんが、国産レモンマフィンby 部長あります。

%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b62017-01

teracoとわたし つちやまあやこ

らくだ図書委員/ CARPEdiem/ヨガ・メディカルアロマ つちやまあやこ

taai

 

teracoにはオープン当初からcaféの客、イベント参加者として来ていました。

その頃の私には、Teracoに集まる人はみな輝いているように見え、参加するイベントのどれもが、今までに体験も経験もしたことないことばかり。

ああ、みんな素敵だなあとあこがれるだけで、私はあくまでも参加する人、と決めつけ、自分がteracoを盛り上げていく側になるなどとは全く思っていませんでした。

けれど、teracoに通うようになる中でだんだんと私の中に意識が変化していきました。

人生で大切なのは、自分の軸を持つこと。

自己実現と社会実現。覚悟を持つこと。

自分の本当の思いをきちんと見ること。自分を大切に扱うこと。なんだな、と。

こういうことをからずっと逃げ回っていた私。なんだか重たい言葉が並んだけれど、こういうことを自分の中に持つようになると逆に

人生は楽しく生きることが一番!と思えるようになったのです。

正直、私の今までの人生がまるごとひっくり返されたような感じです。

あ、いや、ひっくり返してもらって、感謝しています。

わたしもteracoから始めていきます。

teracoとわたし すえかわまきこ

らくだサービス担当/DIVA/designer・ヘナセラピスト すえかわまきこ

mk

いつものように時間に追われた慌ただしい平日、お土産を買うことすら忘れ、時間だけは遅れまいと必死に清荒神の駅に到着した私。お迎えに来てくれていたまみっちと共に小さなトンネルを潜り、可愛らしい扉を開けた時、髪を振り乱した私とは正反対の空間がそこにありました。

窓から入る穏やかな光と、コーヒー豆を挽く音が私を待っていてくれました。その出会いの年の1年間、私はteracoという空間でヘナのワークショップをさせていただくことになりました。

teracoでのワークショップは、毎回新しい出逢いによって巻き起こる予想もしない展開になりました。そこに集まった人の人生がふとした時にふわっと入り込み、その中に自分が溶け込んでいくことによって、予想もしなかったストーリーに。

そんな、自分の力を超えたところにあるものが見たくて、teracoに通うのかもしれません。

teracoとわたし さかてとしひこ

◆クインテット/刺さない鍼灸師 さかてとしひこ

st-01

「teracoでお灸教室しませんか」そう、私に勧めて来たのはうちのお客さん。

この方にteracoを勧められたのは、もう1年以上前になります。とくにお灸教室をやらない理由はなかったのですが、それは実現しないまま1年経ちました。

1年経ったある日、なにかの拍子にこの話が再び持ち上がり、teracoでお灸教室の打ち合わせをすることが決まりました。打ち合わせ当日、初めて訪れたteracoはどこか自分の店と同じような空気が流れていました。そのせいか、好奇心のようなものがふつふつと湧いてきたのを覚えています。

私の店は移転に伴い閉まりますが、今の店の空間が大好きで、移転する決心がつかずここまできました。

しかし、teracoに出会ったことが後押ししてくれました。今の店がなくなっても、ここにくればそれを感じることができる。決して自分のお店ではないけれど、そんなふうにそこに居ることを許してくれる。

teracoは私にとって、そんな居場所です。

teracoとわたし みやけかずこ

cocoro/ソウルナビゲーター みやけかずこ

kz
teracoができて、オーナーのまみっちの「なんか腹くくった感」の匂いが漂いはじめてから、『つかず離れず』のいい塩梅の距離を保たせてくれる場所となってます。

わたしは団体の中に入っても『合わす』ことはできるけど、それが心地よいかどうかはわたしにとっては、また別問題で。 だから基本的に寄ってはみるが、そこからいい距離を保ってるか、あるいはまた風のようにどこか次の場所に飛んで行きますが、またいつ戻ってきてもteracoは「前から居た」感を持たせてくれます。 それがわたしにとって、なんとも心地よいのがteracoです。 まみっちを筆頭に芯がある人しか寄れない場所。 似たものが集まってそうで、見方がまったく違う視点を持ってる人たちが好きなこといいあってるので、実は目からウロコなアイデアだったり、ヒントいっぱいあるから刺激的。 そんな多種多様な脳ミソ集まったらどないなるんやろと今後のteracoは大いに楽しみです。

teracoとわたし にしざわゆか

らくだ図書委員/ゆかの知恵袋さん/メンタルサポート にしざわゆか

yk-01

運命というのはこういうことなのか!と思うほどスムーズにこの場所にたどり着いた。ふと携帯で検索したときに引っかかったteracoの部活動の記事。

ビビッと来てしまった!こうなったら行くしかない!直感がここだとうるさくて仕方なかった。でも初めて扉を開いたときは受け入れてもらえるだろうか?と緊張と不安と期待でいっぱい。完全にアウェイで戦うサッカー選手の心境に陥った。そんな気持ちは一瞬で終わったんだけどね。だって自分のことを何も聞かず、何も否定せず全てにYESをくれる温かい人達が集まっているんだもん。心の中でガッツポーズをした!人と人とのつながりが目に見えるこの場所にはわくわくする人と事が沢山詰まってるんだな~。

うん、やっぱり好き。

teracoとわたし あかまつみさき

ずぶの学校/現役高校国語教師 あかまつみさき

zubu-01

はじめて阪急清荒神駅で下車したのは、2016年1月。三十になりたての私は、きのこ柄の刺繍が入った、久しぶりにおニューのズボンを履いていた。たまにカフェになるというこの場所で、フレンチトーストを食べた。

当時大阪でビルの一室を借りて教室を開いていた私は、毎月優に収入の上をいく家賃出費のために悩まされていた。それはいわば、自分から好きこのんで血を流しているという状態なのにもかかわらず、わがままな私は周囲の人々の無関心や敬遠の微風が身を切るように痛く、孤独だった。そんな時、FBで遠くの方から「いいね!」と声をかけられて見てみると「教室cafe」「平屋」「クリエイティブ」「自分のための」と私の好きな言葉が並んでいたので、すぐさま行ってみる気になったのだった。

知らない大人が何人か楽しそうに話していて半分家のような雰囲気がありつつも、ひとりみの私にとっても不思議と居心地がよくて泣きそうだった。

キラキラすればいい

 

 

この写真は先日、テラコブラクダのスカイプ会議をしたときのスクリーンショット

きょうPCデスクトップの整理をしていて見返していました

キラキラしているではないか

 

 

部員はみんないいひとばかりです

 

というのは簡単だけれど

「いいひと」という表現は、もう使うことがないかもしれないと、きょうふと思いました

「いいひと」ってなにに対して「いいひと」なんだろう

自分にとって都合のよい関係性にして、名前をつけたり

相手のことを評価したりジャッジすることは

必要がありません

ひとはただ、自分の表現方法で表現し、”やって”いるだけなのだから

 

ラクダのみんなは部長をはじめ(部長がイチバンかもしれませんがwww)

本流を持ちつつ、流動的であります

 

流動的であるということは

 

勝手な動きをするとか、責任がないような

そういう響きにも聞こえるかもしれませんが

 

そうではなく

自分の中に流れる水脈を常に感じながら進んでいくということで

大きな覚悟と自分に対する責任があるのではと思います

そこにウソがないこと、あたりまえの気遣いがあることで

部長は全部よしとしています

 

 

そうしていると

キラキラしてくるでしょう

そういうひとをみるのが好きです
%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%882016-10-20-19-55%ef%bc%89-1

部活動はじまりつつあります

とぼけた顔してハイスペックなテラコブラクダと称した部活動、はじまっております。
書ききれるかわからないのですが、こんなこと、はじめました。

テラコ部ラクダたち、ただいまわたしを含めて11名になりました。

オープン当時からのteraco利用者のかた、そして今回は、まるでどこかから導かれたようにいらっしゃった方まで。

入部する!と迷いのないかた揃い。

そして実は精鋭なのですね。

なんのためのテラコブラクダなの?というと

精神的な効果としては、自身や自身の活動を高める中での孤独感の解消や、創作や仕事上のゆきづまり感の解消。

ハード面では個人の活動を尊重しながら、お互いの活動や、拠点、などまるごとの拡大を目指しています。実は、teracoという場所にこだわったものではなく、teracoは、すれ違いながら進んで行く、プラットホームだと考えています。

具体的にはHPに各自をアップしていき、個人商店街を作る予定です。

定期的イベントなどの開催で、人もコトも定着しやすくし、半年に一回の文化祭でアウトプットの機会を設けます。
(地域とのふつうの交流も課題のひとつです。)

事業の成功、地域の発展に、自己の確立なしには考えられないと思うからです。

そのためのつながりでもありますが、仲間意識を強調し、縛るのもでは一切ありません。

どんなかたがいるのですか?といわれれば、セラピストにアーティスト、デザイナー、学校の先生に、仕事づくりを考えるママなど。

共通するのは、精神性と、ビジネスとの現実面のバランスをうまくとりつつじっくり取り組んでいるかたたち、ということです。
まだなにも形になってないねん!というかたも、部員になって出入りして、交流をもつごとになにか掴めるようになるのでは、と思っています。

まず部員になると、teracoの鍵の番号を口頭でお伝えします。笑
そして個人のメールボックスを用意し、書面でのやりとりなどでも、落ち着いた部員間の交流を目指します。
シェアボックスでも、不用品の共有や、おやつやドリンク、野菜なんかのシェアなど。
木とか布とか糸なんかもありますよ。
スケジュールは専用アプリで共有しています。
teraco使用料は営利をとった場合は全体利益の20パーセントです。
営利以外では、光熱費などの考慮はしていただきます。

2017年1月からは、部員外のスポット使用の料金の改定をいたします。(キャンセル料も発生いたします。部員は発生いたしません。)

部員はシネピピアファミリーという顔も持っているので、地元の映画館との連携も持っていただきます。

部内、外との交流、仕事づくりも積極的にしていく予定です。フリーペーパーづくりや商品開発、プロジェクトチームでの企画など。

堅い言い方をすればこうなりますw↓↓↓

最終的にどのような形で仕事を得、自身の将来設計につなげていくかという視点で物事を考えられるかた同士が、最適な関係で事業協力し、自己の事業とリンクさせながら、成長する目的です。

事業をしていくにあたっての個人の充実とモチベーションの維持にフォーカスし、個人の成長→事業の成功→地域への還元を目指していきます。

部員に送った一通目のメールを掲載しておきます。

 

▼▼▼▼▼

さてみなさん(浜村淳テイスト)

10月に入りました。
このたびは入部届けを出していただきありがとうございました。
出してないかたは焦ってください。
Timetreeのアプリをいれてないかたも焦ってください。
teraco使用の予定が一目でわかります。
通知がくるのが面倒なかたは通知オフにしておいて、こっそりみるようにしてください。
もうすでに私を含め11人のラクダさんがいるので
この個性あふれるひとたちをまとめようという気はあまりありませんが
部員になった動機も、やりたいこともやりたくないこともひとそれぞれだとは思いますが
それぞれのスタンスで関わってくださったら幸いです。
自由に、だけど隣人への愛だけは忘れなければきっとうまくいくはずです・・・
妙な流れになってまいりました。そんな集まりではありませんでした。
まずは事務的なお願いをば、いくつかいたします。
①各自ご自分のテーマカラーを決めていただきたいのです。
CMYKでの指定などもあればうれしいです。ネットでみてね。
今回凛さんのイベントの写真を紺一色にしたのですが
みなさんのイベントも色分けしてしまえば、非常にシンプルでわかりやすく
FBページがきれいになるかなっと思ってます。
②Timetreeのテーマカラーも各自選んでください。上との連動はなくても可
今10色あるので、もういっぱいですが
後輩がはいってきた暁には同じ色を使わせてやろうではないかと
えらそぶっていただいてかまいません。
③各自プロフィールをHPに掲載について
a.写真用意
b.プロフィール文
c.作文「teracoとわたし」
d.シラバス
が必要です。まじめに書くか、斜めからいくかはおまかせします。
写真は、ちょっとおもしろい感じでかっこつけすぎない写真を、撮りたいと思います。
それも、各自teracoに来られる際に、お願いいたします。
どこかで撮られた写真を提出していただいてもOK(審査あり)
クラウドでもファイル共有で、エクセルにして、整理していきます。
エクセルや、経理、事務作業は、オンクレールさんがずば抜けております。
みなさんも相談があればぜひに。(ちょっと有料、たぶんしらんけど)
◆少しづつ決まってきている禁止事項◆
誕生日会/会員内価格破壊(よしなにとりはからうなどは可)
以上少し長くなりましたが、対応よろしくお願いいたします。
とぼけた顔してハイスペックでお願いいたします。

 

 

 

 

新月とテラコブラクダ〜とぼけたカオしてハイスペック

 

さていよいよテラコブラクダのデビューの日となりました。
10月からの地球のteraco(学校づくり)と並行して部活動をはじめます。

テラコブラクダへの想いはこちら

 

teracoを利用し、ワークシェアや、アトリエ使いにするための情報共有の手数料として

月額基本3500円で入部できます。(+初回のみ入部費1500円)
使用は毎日の8:00-20:00のうち、空いていればいつでも利用できます。

✴︎スケジュールと活動の共有(部員内のメール一斉送信での共有※SNSを除く)

✴︎プライバシーや、仲間意識の共有強制はいたしません

✴︎teracoメールマガジンへの活動掲載
✴︎入部イコール人材登録とし、人材紹介なども行っていく予定
✴︎鍵の共有については、入部したかたにはお伝えいたします

✴︎夜間は完全予約制

✴︎使用できる備品

裁断機、プリンター(実費)キッチン(自炊やシェアごはん)
シェアボックスでの素材共有(生地や糸や紙など絵の具などいろいろ、不用品のシェア)他文房具など

もちろん、実際利用の際にも金額が発生いたします。

完全に専有したい場合は追加料金がかかります。

 

 

 

✴︎お願いしたいことは

自分の活動とteracoでの活動をうまくリンクさせていけるかた。

teracoの運営陣としても参加していただきます。

まだまだはじまりなので動きながら問題点の解決なども図っていきます。

活動の経過地点として半年に一度の文化祭(春と秋)の開催を予定しています。

半年をめどにつづけられるかた。

文化祭は、部員や地球のteracoに参加したかた全員でつくっていく予定です。

社会との接点を持つ活動としては、週3回程度のオープン日を設けます。(その日の活動なども相談の上企画できます。)

地域への広報や口コミ、ネット掲載などでどなたでも来られる環境を作ります。

 

 

地域や地球を知り、広め、無駄のないつながりかたをすること。
個人事業主や、志がある人のための場になります。

目指せローカルスター⭐︎
読んでもよくわからないというかたは9月中に予約の上、お話をしにきてくださいね

kamiasobi@teraco-t.jpまでメール、FBページへのメッセージHPお問い合わせ欄などからお願いいたします。

 

ラクダ-01